BIOGRAPHY

PRAISE

Yuta Kobayashi(Vo) / Aori(Gt/Vo) / mana(Gt) / YU(Ba) / jorge(Dr)


東京を拠点とするミクスチャーロックバンド、PRAISE。


2017年3月にリリースした1st Mini Album「NEXTAGE」の熱が沸騰中のなか、なんとリリース2日後に密かに同時進行で制作していたBSスカパー!オリジナルドラマ「バウンサー」の主題歌「MACHI NO KEMURI」を発表。原作を忠実に描いた完全書き下ろし曲となり、リスナーの幅を独自に広げている。


初の全国ツアーでは初日、最終日共に東京公演はSOLDOUT。


2017年7月にはSiM主催による『DEAD POP FESTiVAL 2017』CHAOS STAGEのオープニングアクトを掛けた審査を突破し、見事出演を果たす。


「NEXTAGE」リリースから約3か月後4曲入りEP「インテンジブル」をリリース。「MACHI NO KEMURI」収録はもちろん、ライブでの人気曲「GOSTRAIGHT」や以前英語詞だった「EBA」を完全日本語ラップ化させ、MVも発表。


2018年には年明け早々に豊洲PITで開 催された『FROM HERE vol.3』のオープニングアクトとして名を轟かせ、全国各地のライブサーキット公演への出演を重ね、次から次へと息をつく間もなく展開を魅せている。


4月には会場限定CD・配信限定音源「フマジメ / 03」そして、7月には2nd Mini Album「ENEMY IS ME」を続々とリリース。


2019年には「No.19」「蒼炎」「スロウダンス」「THE WORLD IS YOURS」の楽曲を4週連続配信リリース。


2020年にはシングル「GO STRAIGHT2020」を発表。


さらに2021年には新ギタリスト、manaが加わった。


喰らえ、これが"東京ミクスチャー"